information & communication technology

ICTで、勉強をもっとおもしろく

ICTで、勉強をもっとおもしろく

インターネットやスマートフォンが、当たり前に使えるデジタル世代。
そんな現代にあわせた教育を実現させるため、ICT教育※を積極的に導入しています。
岐阜県で他校に先駆けて、生徒一人ひとりがiPadを所有。
年2回、安全に使用するために清凌ICTライセンス試験を受けます。

主体的、対話的で深い学びが必要な今、アクティブラーニング的教育に注目が集まっています。iPadなど清凌高校の取り組みはそれを可能にするものです。

本校ではそういったICT機器を活用し、写真・動画・グラフなどを積極的に取り入れた「わかりやすい授業」を心がけています。

※パソコンやタブレット端末、インターネット通信などによる情報通信技術を活用した教育手法

ICTで、勉強をもっとおもしろく

清凌の朝の名物「朝ガク」では、iPadに配布された問題に解答して提出したり、プロジェクターに映しだされた解説動画やリスニング動画を見て学習することが、日常的に行われています。
iPadの機能を最大限に活用して5教科の基礎学力の定着につとめ、効率的に学習します。

清凌スタイルのiPad活用例

清凌スタイルのiPad活用例
  1. iPadへ配布された問題に解答して送信
  2. リスニング動画を見ながらの学習
  3. 自分の意見や課題をiPadから提出
  4. 学習した内容の保存
  5. これまでに学んだ内容の復習
  6. 課題の調べ学習
  7. 撮影・編集によるオリジナルムービーの作成
  8. 全員参加型の授業

授業で使用するアプリ

ロイロノート・スクール

※一斉にデジタルでノート提出

ロイロノート・スクール

すべての教科・授業で使える「思考力」「プレゼンテーション力」「英語4技能(聞く・話す・書く・読む)」を育成するツールです。
公立と私立の小学校・中学校・高等学校・大学・塾など1000校以上に導入されています。

Classi

Classi

生徒・先生・保護者がつながる学習支援プラットフォームです。
単なる学習ツールではなく、生徒が自主的に勉強したくなるコンテンツを用意し、自学自習力を養成・サポート。
全国の40%以上で利用されているこのシステムを清凌高校では4年前から導入。学力アップや生徒、教員間を問わずスムーズな情報交換に役立っています。また、2018年度は全国の実践検証モデル校として選ばれました。

TOP